収益物件を利用して収入GET【大家業は賢くこなせ】

家と財布

安定した収入を得る

アパート

アパート投資などは投資であるため、リスクを負うため、アパート投資行うにはしっかりとした知識で妥協せずに慎重に物件を選んでいく必要があり、そうすることでより失敗の可能性をなくすことができるのです。

収益基盤を作ろう

家と空

中古ワンルームマンションを1戸買って不動産投資をするのであれば、レジデンス系の上場不動産投資信託に投資をした方が空室リスクを抑えられます。また、個人では投資をすることができない優良な収益物件を多く保有しています。

不動産投資に役立つ商材

不動産

不動産価格の値下がりが続いている事によって、収益物件の価値は常に変化しています。だから収益物件を専門に扱う買取サービスが人気を集めているのです。買取サービスを上手く活用すれば、新たな収益物件を購入するための資金になります。

ローンを考えよう

家

うまく活用しよう

中古ワンルームマンション等の収益物件で不動産投資をするのであれば、ローンをうまく活用しましょう。現在、金融機関は不動産投資に対するローンを積極化しています。不動産価格の上昇により、収益物件の表面利回りは下がってきていますが、資金調達コストも下がっているので、数年前に比べて、表面利回りと金利の差はさほど変わっていません。不動産投資をするには良い時期が続いているということです。現金一括で購入した場合、表面利回り低下の影響を大きく受けてしまいます。なるべく現金を使わず、ローンを組んで収益物件を積み上げていくようにしましょう。仮に中古ワンルームマンション1戸を現金一括で購入する余裕があるのなら、もう1物件をローンで購入し、2戸の収益物件で不動産投資を始めましょう。

ローンリスクに注意しよう

そして、家賃収入がある程度貯まってきたら、新たに1物件を購入して、資産を積み上げていきましょう。不動産投資で成功するためには、複数の収益物件を保有する必要があります。複数の収益物件を保有すれば、空室の際の収入源を他の物件でカバーすることができ、手元資金の減少を防ぐことができるからです。常に現金一括で購入していくと、複数の収益物件を保有するのにかなりの時間がかかってしまいます。うまくローンを利用して、なるべく早いうちに少なくとも3戸の収益物件を持つようにするとよいです。但し、ローンを利用する際には、ローンリスクに注意しましょう。無理なく返済をして行けるように、投資資産に対するローンの割合は50%を上限としておくとよいです。