収益物件を利用して収入GET【大家業は賢くこなせ】

お金

収益基盤を作ろう

家と空

一緒に考えよう

ようやく貯めた数百万円を頭金にして、中古ワンルームマンションで不動産投資をしようと考えているのであれば、ファミリータイプマンション等のレジデンス系の収益物件で運用している上場不動産投資信託に投資をすることも併せて検討してみましょう。1戸の中古ワンルームマンションで不動産投資をした場合、空室リスクが比較的高くなります。しかし、上場不動産投資信託であれば、多くの収益物件を保有しているため、空室リスクがしっかりと分散されています。さらに、個人では投資をすることが事実上不可能だったり、物件情報すら回ってこないような優良な収益物件を保有している銘柄もあります。上場不動産投資信託に投資することで空室リスクを抑えながら優良資産を積み上げていけるのです。

家賃が安定しています

もちろん、中古ワンルームマンションでの不動産投資も多くのメリットがあります。しかし、少しずつ資産を積み上げていく戦略を取る際には、比較的リスクの高い運用方法となります。最初は、レジデンス系の上場不動産投資信託で安定した収益基盤を作っていき、ある程度まとまった収入ができたら中古ワンルームマンションにチャレンジするとよいです。上場不動産投資信託には銘柄によって、運用している収益物件の種類も異なりますが、マンション等のレジデンス物件は景気の影響を受けにくく、家賃に大きな変化がないため、分配金も比較的安定しています。値上がり益を狙った運用をしたいのであれば、オフィス系の上場不動産投資信託を買いましょう。